はじめての p5.js

2015 / 12 / 14 by · Leave a Comment
Filed under: JS 

もうそろそろ3ヶ月ほど前に JsDoIt に投稿したわけですが、そのときは何が悪いのかはわかりませんが、期待どおりの描画がなされませんでした。というのが前回の話。

何でも Processing の姉妹プロジェクトである p5.js なる JavaScript ライブラリがあるという情報を得ました。
また Processing.js というライブラリがあるという情報も得ましたが、まぁ Processing と直結しているライブラリの方がよろしかろう、と何となく感じたので、前回のダメダメだった JavaScript コードを p5.js でリライトしてみた次第。
それが↓


Read more

初めての HTML5 canvas

2015 / 09 / 24 by · Leave a Comment
Filed under: JS 

超久々にブログ投稿。9ヶ月も放っておいたとは、いけませんね。

久しぶりにプログラム欲求が昂まっています。
が、ウェブサイト上で作品を展示をしようとした場合、政治的に惨敗を喫してしまった swf はかなり不利な気がします。wonderfl の過去作品の状況なんか、それを如実に表わしているんじゃないかと思う次第。
で、ここは html5 の canvas をちょっと試してみようかね、と一念発起。運営を始めてから何年経ったと思ってんだよ、な、このタイミングで jsdo.it に投稿してみましたよ。
まずは ActionScript 3.0 でコードを書いたんで、wonderfl にも同時に投稿しました。
移植に当っては、テキストエディタで手打ち、という手法を採用したんですが、いやー実にめんどくさいっすねー。統合開発環境のありがたさを改めて認識させてもらいました。

まずはそれぞれの結果から。上が swf、下が js。
Read more

『東郷青児〈超現実派の散歩〉と収蔵品選』

2014 / 12 / 24 by · Leave a Comment
Filed under: 展覧会日記 

『東郷青児〈超現実派の散歩〉と収蔵品選』

『東郷青児〈超現実派の散歩〉と収蔵品選』

2014年12月23日(火)、東郷青児記念・損保ジャパン日本興亜美術館で標記展覧会を観ました。
会期は2014年11月15日(土)~12月25日(木)ということで、滑りこみ的鑑賞。

こちらの美術館では最終室で、ゴッホ《ひまわり》、セザンス《りんごとナプキン》、ゴーギャン《アリスカンの並木路、アルル》の3点を始めとする所蔵品の数々を観ることができますが、その中で東郷青児作品の洗練された美がずっと気になっていました。
東郷青児作品をまとまった点数観たいなぁ、と常々思っておりまして、今回、標記タイトルの展覧会が開催されるということで、けっこう期待をしていたわけです。

ところがいざ蓋を開けてみれば、全70点中、東郷青児作品は36点とおよそ半分。個展レベルのものを夢見ていた私としては、ずいぶん肩すかしを食らった感があります。
ジョルジュ・ルオーの銅版画《悪の華》14枚組とか瞠目すべき作品は多々ありますが、東郷青児展覧会の心づもりだったもので。

Read more

『フジタ、夢をみる手』

2014 / 12 / 16 by · Leave a Comment
Filed under: 展覧会日記 

『フジタ、夢をみる手』

『フジタ、夢をみる手』

2014年10月27日(月)、12月12日(金)ポーラミュージアムアネックスで標記展覧会を観ました。

なんでも今年は当ギャラリーが入っているポーラ銀座ビルが5周年だそうで、とてつもない記念企画が催されてます。
当ギャラリーの本宅であるところの、箱根のポーラ美術館が所蔵するレオナール・フジタの作品がおよそ40点も展示されます。しかも無料だという。
眩暈をおこしそうな素晴らし過ぎる展覧会です。

Read more

『ウィレム・デ・クーニング展』

2014 / 12 / 15 by · Leave a Comment
Filed under: 展覧会日記 

『ウィレム・デ・クーニング展』

『ウィレム・デ・クーニング展』

2014年12月12日(金)、ブリヂストン美術館で標記展覧会を観ました。

デ・クーニングって名前は聞いてたけど、どのような作品を描いていた画家なのか不勉強で知りませんでした。
ジャクソン・ポロックと並ぶアクション・ペインティングの代表的作家であり、抽象表現主義の創始者の一人として20世紀美術史上、重要な画家である、ということを会場入口の序言で読み、居住まいを正しながら観ました(ちょっと大げさ)。

本展を観て感じたことは、色遣いが実にイイなぁってことです。
作品全体としてみると、もっと濁った色遣いの作品も数多くあるようですが、今回観たカラー作品は実に美しいです。
クリーム色や淡いピンク、オレンジ、黄などの基調色は、見ていて心が安らぎます。
そして補色になるライトグリーンや水色、青も実に爽快。

Read more

次ページへ »